もののがたり 11

既刊14巻

もののがたり 11

5.0
10
513
長き月日を経て心を宿した器物――“付喪神” かつて付喪神への復讐を誓った青年・兵馬と、付喪神に愛され育った少女・ぼたん。二人と共棲する六人の付喪神・“婚礼調度”の処刑を目論む首謀者は、八衢黒檀だった。“塞眼”でありながら“唐傘”に与し、ぼたんの“現人神”の力を狙う黒檀に兵馬の怒りが爆発する。絆と恋の付喪ノ語り、激闘決する第十一巻。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊14巻

    編集部PICKUPシーン