シリーズ詳細

学校へ行けない僕と9人の先生
作者
出版社双葉社
ジャンル青年
鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた。小〜中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした物語。学校へ行けない日々、「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。
1

みんなのレビュー

  • agao0330

    2019年3月22日15時43分

    切ない

    我が子がそうだったからよく分かり、胸が苦しい…試し読みだから、続きが読みたいな。
    こんな担任の先生は、、先生になっちゃいけない…

  • ゲスト

    2019年3月7日04時07分

    良かったです。

    久しぶりに買って読んで良かったと心から思いました。自分も不登校までは行きませんでしたが、学校に行く前は必ず頭痛で、鬱ぎこみやすく、くいしばってフツウの生活をこなしていたので共感しました。何よりも息子のために色々切磋琢磨し、そばにいた御両親を尊敬します。

  • ゲスト

    2018年2月20日00時55分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • マジスター 見崎先生の病院訪問授業
    マジスター 見崎先生の病院訪問授業