シリーズ詳細

アリナーは、外交官・ガブリエルと結婚しようとしていた。ある「過去」から逃れるかのように。だが、まさに結婚の誓いを立てようとしたそのときに、静寂を力強い男の声が破った。 「この結婚に異議を申し立てる」 忘れもしないその声は、バルバン王国の皇太子—アリナーの夫・カビアンのものだった。 「なぜあなたがここに・・・!? あなたは私を“離縁”したのではないの?」 しかし、カビアンは有無を言わせずアリナーを教会からさらってしまって!?
1

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • ハーレクイン 名作セレクションvol.139
    ハーレクイン 名作セレクションvol.139
    無料で読む
  • ハーレクイン 名作セレクションvol.59
    ハーレクイン 名作セレクションvol.59
    無料で読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクションvol.100
    ハーレクイン 漫画家セレクションvol.100
    無料で読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクションvol.59
    ハーレクイン 漫画家セレクションvol.59
    無料で読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクションvol.0
    ハーレクイン 漫画家セレクションvol.0
    無料で読む
  • ハーレクイン 名作セレクションvol.237
    ハーレクイン 名作セレクションvol.237
    無料で読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクションvol.161
    ハーレクイン 漫画家セレクションvol.161
    無料で読む
  • ハーレクイン 漫画家セレクションvol.126
    ハーレクイン 漫画家セレクションvol.126
    無料で読む
  • 悩めるシーク
    悩めるシーク
  • シークとの夜
    シークとの夜
  • 孤高のシーク
    孤高のシーク
  • シークの人質
    シークの人質
  • 暗闇のシーク
    暗闇のシーク
  • シークのたくらみ
    シークのたくらみ
  • 砂のささやき
    砂のささやき
  • 条件つきのウエディング
    条件つきのウエディング
  • 恋するシーク
    恋するシーク
  • 孤独なシーク
    孤独なシーク
  • シークの選択
    シークの選択