読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

伝説のインドア系ご馳走マンガ、復活移籍新連載!! かつて掲載誌の休刊に伴い惜しまれつつ終了した『ホクサイと飯』。本作『ホクサイと飯さえあれば』は、その8年前のお話。大学進学のため上京した山田ブンが、愛するぬいぐるみ(?)ホクサイと共に、東京・北千住で、いろんな出逢いや経験の毎日の中、アイディア満載のご馳走作ります! トラブルがあっても、ホクサイがいて、美味しい飯さえあれば、毎日ハッピー!!
8

公式レビュー

  • 食マンガというのは二種類あって、作るか食べるかのどちらかだと思ってるんですよ。それでこの作品は基本的に「作る」ほう。ご飯を作るだけのマンガならいっぱいあるじゃないかって?違うんです。
    この作品の面白い部分は「食材の買い出し」や「料理道具に一目惚れする瞬間」までを描いているところ!単行本には著者の鈴木小波さんが実際に作った料理の写真も掲載されていて、食べる事に対する強い情熱を感じることができる作品です。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品