読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!?

公式レビュー

  • 人の嘘が見抜ける能力を持った主人公・鹿乃子。探偵・左右馬の助手として事件の解決に一役買います。
    昭和元年という時代設定や洋館、人形部屋の探索など雰囲気ある世界観にドキドキ。そして、冷静で頭のキレる左右馬に女心がキュン。カレが一体どんな言葉で鹿乃子に愛を伝えるのか楽しみでなりません! 
    情報テクが未発達の時代、人の嘘を見抜いて事件解決……そんなひねりある設定に、作者のセンスを感じる作品です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年10月2日18時19分

    連載延長ありがとうございました

    発売日に既読済みでしたが書き遅れました。
    初回掲載日から目が話せない本作で、どうかファンが増えますようにと地道に呼びかけてましたがラストに向かうにつれファンが増えてくれて嬉しかったです。
    この時代の着物も世相も当然本作のストーリーもとても興味を引くものがあり、本誌発売日は非常に楽しみにしておりました。今巻で最終巻となりますが全巻読み応えのある良作なので、読んでない話があったら読み返して欲しいと思います。

  • アチカメ

    2018年8月22日14時03分

    全てで、良し。

    最高!謎解き・ミステリーとしては勿論、群を抜いてキレイな絵柄に、緻密なストーリー。恋愛要素も含まれていて、本当に一冊でかなりの大満足。これだけの内容を備えていながら、陳腐になっていないのは、作者の画力は勿論、脚本ならぬ文章力がどちらもきちんと備わっているから。見た後に、ホッコリ出来て、そして又二人に会いたくなる、そんな素敵なシリーズです(*≧∀≦)

  • バニラミルク

    2017年12月29日17時55分

    嘘が分かる、というのは面白い発想ですね。
    祝先生のキャラ最高です。
    かのこちゃんも居場所を見つけられてよかったです。
    ただ私的に、もっと昭和初期テイストを出してもよいかと。
    ともあれ、続きが楽しみです。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品