シリーズ詳細

どんな男にもただひとり運命の女性がいて、その女性と出会えば必ず”その人”だとわかるとおばあちゃんは言った。おばあちゃん、僕は出会ったよ、運命の人に! 青い目のとびきりセクシーな彼女も僕を気に入ってくれた。身も心も僕たちはこれ以上ないくらいに相性がいい。ところが問題がひとつ。おんぼろホテルをめぐって僕たちの利害が対立したあげく、彼女が言うんだ。「あなたは私の敵よ、ミスター・マクグラス!」女の人って、もっとやさしいものだと思ってたよ…。
1

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品