シリーズ詳細

変わってしまったのは津軽(つがる)? それとも――!? 女学生・鈴(すず)と青年・津軽の年の差LOVE、本格スタート! 時は明治、少女時代に遊郭から身請けされた鈴も15歳。ひとまわり以上、歳の離れた津軽を想う鈴だが、近づこうとすればするほど、津軽が解らなくなってきて――!? 明治時代を生きる女学生・鈴の、愛と波乱の物語。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2020年1月5日16時19分

    う~ん・・・

    明治緋色~から来ましたが・・・う~ん・・・私は小さいのにしっかり者で頭の切れる鈴ちゃんが好きだったのでこちらでは大きくなったぶん、鈴ちゃんがなんだか普通に頭のいい女の人って感じであまり魅力を感じなくなってしまいました。
    津軽も津軽で、前作と違いこちらではウジウジ悩んで考え込んでるばかりであの頃の我が道を行く津軽はどこ行っちゃったの?って感じだし。

    お話は海外を舞台に繰り広げられる壮大なストーリーになってて読みごたえはあります。

  • ゲスト

    2018年12月12日06時07分

    とっても面白かったです!!緋色〜の続編、恋愛のストーリーという事で楽しく読みました。でも意外とドロドロしてましたね、津軽は頭が良過ぎだし、ひながまさかの悪役⁈でちょっと怖かったけどラストは泣けました。鈴が記憶喪失になってからの津軽は見てられませんでしたね、自分が思ってる以上に鈴の事大好きだって(自分を忘れられて)やっと気付いたんだね。兄様もずっと妹を想い続けていて何しろ不器用過ぎて早く幸せになって!って1番願った相手かもしれません(笑)河内妹と結ばれて欲しかったな、、、まぁ1番は一生鈴だろうけど。鈴の花嫁姿とても綺麗でした!2人の子供にも恵まれて幸せに暮らしているシーンで終わりましたが、もう少しみんなのその後も見たかったかな。

  • オクイ

    2018年11月29日14時14分

    よかった!よかった!

    緋色の方、気になりながらも、長いから我慢。で、メランコリアが3巻まで無料だったので、読み始めたら緋色の成長した話で読み易く、ガガガッと一気読みしました。

    もう、津軽がいい年してこじらせてるし、晴時兄様も中二病だし、カッコいい男子が揃いも揃って。。で、どうなることかと思いました。

    が、少しずつ鈴に対しての各々の感情が見えてくることが増え、記憶喪失をきっかけにストーリーと共にゴロンゴロン展開していく関係性。面白かった!

    ひなの『呪いの言葉』あれはなかなかダメージ大きかっただろうなぁ。。と思う。大抵の記憶喪失パターンでは、え、そんなことがショックで記憶失うんだ。。ってことが多いのだけど、これはなかなかでした。鈴の幼い頃からの津軽への想いを考えればより重いものかと。

    でも、よかった。潔白。
    ひなとは、いたしてない、ということで良いのかな??大人だからナイわきゃないとは思うのだけど、うーーーん。これはいいか。笑

    津軽の涙。。私なら見ちゃうな。。これはひなさんが見る涙。。なんて思えるのが素敵だな、と思った。

    うん。そう。素敵なお話でした。

    遊廓で始まり遊廓で終わるのも収まり良くて、私は好きです。ほんと、遊廓とかこわいわぁ。。(最後にこれ。笑

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品