シリーズ詳細

齢200を越す大悪魔・ビビが人間界に居を構えて二度目の冬。彼が屋敷の前で拾った人間の赤ちゃんは、花のような笑顔を見せることから、“はな”と名づけられ、大切に育てられました。そして、はなは14歳になり、少しずつビビのことが気になるお年頃になったのですが…!?

マンガレビュー公式レビュー

  • 魔界から人間界に引っ越して来た次期魔王候補の大悪魔・ビビ(200歳)と、子どもの頃ビビに拾われるはな。そこから十数年後の物語です。
    ストーリーが進むにつれ、兄妹のようだった関係性が男と女に変わっていくのが、もう…凄くイイ! このビビのオレ様ぶりが、ツボの人結構いるんじゃないかな。
    独占欲が強くてヤキモチやきのくせに無表情でわかりにくいタイプ。しかも鈍感すぎて…なんだろう、なんか可愛い。(笑)
    いろいろたまらん展開になっておりますよ!

みんなのレビュー

  • ソフィ

    2019年6月7日12時36分

    終わりに近づくにつれ、うるうる。
    はながおばあちゃんになっても、ビビはずっと傍にいた。花の盛りだけを描くのではなく、別れの時までを描くことによって、二人の愛の深さを描いたんだと思う。

  • ゲスト

    2019年5月5日01時07分

    寂しいけど、幸せな気持ちになれる作品です!
    ぜひ読んでみてください!

  • k-mm0728

    2018年11月4日07時03分

    一気買い大満足

    特に最終巻良かった。人間としてしんでもなお愛されるって幸せですよね。70代高校生姿も可愛かった。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品