全1巻|完結

お味見侍

600
作者
出版社
0.0
時は元禄。年をとった徳川五代将軍はある思いに浸る……。「生きているうちに最上の名器を味わいたい」。 その願いを叶えるべく、公儀としてひとりの男が任命された。その名も、お味見侍・水無月堂馬! お味見侍が今日もイクッ! 白虎丸が贈る痛快時代劇。
カテゴリー
    めくって試し読み
    全1巻|完結

    編集部PICKUPシーン