シリーズ詳細

「僕たちはいつから結婚していたんだっけ?」突然オフィスに現れた男性の言葉に、レイチェルは動揺した。彼はジャック。デスクに飾ってある夫の写真の人物だ。けれど、本当は夫など存在しない。彼は半年前に1度、ベッドをともにした相手で、レイチェルが夫に仕立てた男性。それは、既婚者しか採用しない今の会社に入るために彼女がついた小さな嘘だった。すると彼は、明日からの夫婦同伴の社員旅行に同行すると宣言した。同僚たちの前で架空の夫婦を演じるというの?
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品