シリーズ詳細

雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真白な髪、その目の奥は底なしの闇——彼の名はアカギ。後に神域の男と呼ばれ、裏社会に伝説をつくった男——あの赤木だった!!
36

マンガレビュー公式レビュー

  • 私は麻雀をしたことがありませんが、ある程度麻雀の知識があります。それは『アカギ』を読んでしまったから!

    友人から半ば強引に押し付けられた『アカギ』を、私は最初一か月放置していました。あまり好みの絵でもないしな…と。とある日曜日、特にすることもないし暇だからあのマンガでも読むか、と読み始めてびっくり!面白すぎる!知らない世界にぐいぐい引き込まれました

    このマンガはきっとあなたも未知の世界にいざなってくれることでしょう。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品