シリーズ詳細

朝目が覚めたら、ハダカの鬼上司の腕の中!?会社の飲み会で酔いつぶれ、意中の彼と間違えて告白しちゃったみたい。私を気に入った上司は、昨夜の余韻で濡れているアソコに、猛々しいモノを挿入してきて…。早く間違いって言わなきゃなのに、気持ちよくって流されちゃうっ。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.