剣客商売 24

既刊44巻

剣客商売 24

-
552
ある日、小兵衛は目眩に襲われる。 感じたことのない体の異変に小兵衛は困惑しながら体を休めていた。 そこへ、招かれざる客らがやって来る。 一方を追い返し、残りの者に目をやると、そこにはかつての弟子・井関助太郎がいた。 疲労と刀傷で床にす助太郎の口は重いものの、大きな陰謀の存在を小兵衛は感じていた……… 二十番斬り 一 目眩の日 二十番斬り 二 誘拐 二十番斬り 三 その前夜 二十番斬り 四 卯の花腐し
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊44巻

編集部PICKUPシーン