読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

武蔵県警の猪熊夕貴と里見偲はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は”相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か? 彼女の目的は? キソウ天外物語、開幕!!

公式レビュー

  • ドラマ化もされたサイコサスペンスマンガ。警察の日常がいい意味で普通に描かれているのですが、そこに突如、掴みどころのないサイコパスが現れて様々な人を狂わせてしまいます。このマンガ自体、掴みどころがないというか、スイカに塩をふると絶妙な旨みが出るように、サイコパスと警察が混じったことで生まれる不協和音がなぜか心地いいんです。
    サイコパスといってもグロ過ぎず、かといってライト過ぎない女性にピッタリの重みですよ。

みんなのレビュー

  • ぐっち

    2018年4月29日23時21分

    ラストが中途半端すぎて、ガッカリ。

  • ゲスト

    2018年3月11日14時07分

    上司が無能だと、警察の場合は犯人逮捕に繋がらなくて困るね。
    これは現実でもそうなんだろうか。
    このストーカーチックな女性の目的が気になる。

  • ゲスト

    2018年3月11日14時02分

    警察の日常って感じなのかな。
    女性警察官は何で狙われているんだろうって疑問は残る。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品