シリーズ詳細

中3の春、なにげない毎日を送っていた日比野光(ひびの・みつる)は、転校生・一社高蔵(いっしゃ・こうぞう)との出会いで、特殊な能力を開花させる。使いようによっては殺人も可能な日比野の“力”を、「世の中の間違いを正すために使え」と言う一社。そんな彼らが踏み出した第一歩、それは「車を運転しながら携帯電話を使っているやつを殺す」ことで……!?
5

マンガレビュー公式レビュー

  • 中二病MAXマンガでキレッキレの超能力保持のサイコキラーものだからあっさり完結したときは結構衝撃でした。
    「世の中はこうあるべきだ」と語ってることに終始していて何かが始まりそうで何も始まらない、何か起きそうで何も起きない。これが普通の中学生っぽくてリアリティがある。本質があるようでまったくない。
    正義の理由もたいしたことないのがちょっと失笑だけど、タイトルがもう間違っている感あるのでこれはこれで正解なのかもしれない。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品