シリーズ詳細

「サトラレにサトラレであることを気づかせてはいけない」――“サトラレ”とは正式名を「先天性R型脳梁(のうりょう)変性症」という謎の奇病によって、口に出さずとも自分の考えが周囲の人に“悟られ”てしまう不思議な能力の持ち主のコト。そして、例外なくあらゆる分野で天才的な功績を残すほどの才能を持つ彼らを、密(ひそ)かに保護するサトラレ対策委員会。これは、サトラレの青年・西山幸夫(にしやま・ゆきお)と彼を警護する小松洋子(こまつ・ようこ)、そして……その他大勢による少し不思議な物語。

マンガレビュー公式レビュー

  • 以前映像化もされ話題になった本作。
    自分の考えていることがまわりの人に聞こえてしまう…。こんな恐ろしいことがあるでしょうか。フィクションとはいえ、一度は「私の声聞こえてるんでしょ?!」と試してみた人も結構いるかもしれません(笑)
    そんなサトラレたちと、彼らを取り囲む人々の人間模様が温かく、ときにコミカルに、ときに残酷に描かれている作品です。
    自分がサトラレと知っても知らないままでも、なんだかせつない。

みんなのレビュー

  • Nori

    2018年11月28日15時32分

    優しい世界

    映画化になってタイトルをずっと覚えてた作品。漫画原作と知らなくて、時を経て読んでみて。優しい世界観に癒されました。里山さんの話は泣けて、映画の主人公になった理由も分かる気がしました。
    フィクションの世界にもシビアだったりリアルだったりそんな作品の中で、優しさに溢れた内容で、今読んで良かったなって思いました。
    お守りにずっと読みたいなと思った作品です。

  • みつき

    2016年8月31日05時40分
  • ゲスト

    2016年8月30日06時35分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品