シリーズ詳細

法を知らなきゃ泣きを見る。泣き見た人のドラマを読めば、生かせる法が頭に入る。「カバチタレ」とは広島弁で「文句や屁理屈を言う人」のこと。法律を知ってカバチをタレることができれば、人は泣き寝入りすることなく、自分たちの生活を守ることができるのだ。この物語の主人公・田村勝弘もまた勤め先の横暴社長の不当解雇にあって泣き寝入りするしかなかったが、ひょんなことから行政書士の大野と出会う。そして法は使い方次第と目覚めた田村は行政書士を目指すため大野事務所に補助者として入所する。

マンガレビュー公式レビュー

  • カバチタレ!かなり好きです!
    父親が買っていて小学生のころから愛読していました。弁護士の活躍を描いたマンガは多いですが、本作で活躍する法律の専門家は行政書士。行政書士さんの知識で救われる人がいたり、陥れられる人がいたり……
    このマンガで法律を知らないこと、無知であることってほんと損なんだなあ、と思い知らされました。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品