読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

「冴先輩の側にいるためなら、俺はなんだってします――」
男嫌いだった私の心を溶かしてくれた、大学の後輩の工藤くん。
でも…いくら私を好きだからってこんな罪を犯すなんて、人間として終わってる…壊れてる。
そう思ってるのに、なんで?
骨も細胞も魂も全部くれるなんて泣きそうな顔で言う、工藤くんの私への執着の深さに、快感で胸がふるえる――

恋の甘さも痛さも詰まった、純度120%ピュアラブ・ストーリ-。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品