シリーズ詳細

ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長だ。金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──!  ※本作に収録されている「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」は、「iHertZ band.1」で配信した作品です。

マンガレビュー公式レビュー

  • 某人気男性ミュージシャンも読んでいるという、伝説のBLマンガ。ヤクザたちの生きる裏社会を背景に、様々な過去とプライドに翻弄されながら自分の存在意義を模索する男達。
    愛する人を守りたい。近づきたいのに、近づけない。せつなくて、いとおしくて、辛くて痛い。思わず涙してしまう場面がたっぷり詰め込まれています。美しい台詞まわしにも注目です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年5月26日03時36分

    泣く準備はできました。だから読んだのに、まだ続くんかい…!いい加減幸せになってください…!辛くて涙が…。

    次で最終巻でしょうか。終わってください。歪な形でも、幸せになってください。お願いします。

    待ってます!

  • ゲスト

    2019年5月18日22時45分

    6巻まで一気読みです。ヨネダコウさん作品は初めてではなくて、このシリーズも読みたいと思っていました。すれ違う切なさ十八番ね。5巻では矢代が、6巻では百目鬼が、相手に対する自分の勘違いに気付いたところです。気付いてしまう二人が酷くかわいそうでした。 矢代は壁を建て直し、百目鬼は乗り越えたい。正攻法では矢代の側に居ることができなくなった百目鬼、何か決心したようでした。登場人物と回想が多く、ヤクザの世界も濃厚に描かれていて、眠い時には読みたくないけど、しっかり作られてて萎えないです。

  • ゲスト

    2019年5月17日00時00分

    色気!

    キャラクターも魅力あるし、ストーリーもとても面白くて、深い。今回も気になる所で終わったので、2人がどうなるのか気になります!矢代さん本当幸せになって欲しいです!

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品