大樹の道 4

全5巻|完結

大樹の道 4

0.0
550
社会人となって初めての公式戦となる「講道館杯」に出場した坂本大樹。この柔道界の若き逸材は、強敵を次ーに倒して遂に決勝に進出した。その対戦相手となったのは、大樹が憧れている大学の柔道部の先輩の高木誠次だった。「講道館杯」の決勝という、晴れの舞台で憧れの先輩と戦うというのは、本来は名誉のはずだった。しかし、高木は前の試合で左腕を負傷していたのだ。片腕しか使えない先輩との対戦に戸惑う大樹は、どうしても本気で戦えないでいたのだが……。
カテゴリー
    めくって試し読み
    全5巻|完結

    編集部PICKUPシーン