読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

売れっ子ケータイ小説家の諒は、小説のモデルになることを条件に、家をなくした、女子高生の私を拾ってくれた。「 『仮』の恋人ってことなんだし、…えっち…なことはナシッッ!!!!」でも、そんなことお構いなく、「いい子で待ってろよ」…って、、手錠!?「可愛すぎ もう我慢限界」「すっげー顔真っ赤…やっぱからかいがいあるね」振り回されて、もてあそばれてる…のに、ハマっていくの。こんな恋ありですか?

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品