ホーム少年・青年
三丁目の夕日 夕焼けの詩
三丁目の夕日 夕焼けの詩 29

既刊68巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 29

4.5
4
550
高校3年の洋一郎は、夏期講習をサボったことで母親から「学歴がないと、お父さんのように万年係長よ!」と小言を言われる。父親にも説教された洋一郎は、父親に捨てゼリフを残して外に出た。すると、町で不思議な少女と出会う。そして、その少女の誘いで、今ケンカしたばかりの父親の過去を見に出かける…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊68巻

    編集部PICKUPシーン