三丁目の夕日 夕焼けの詩 24

既刊69巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 24

4.5
4
630
ある日、一平と雄一郎は、日光写真で遊んでいた。一平は母・トモエや六さんの妹・サクラの水着写真のネガを日光写真で焼いて、近所の人達に1枚10円で売っていた。雄一郎も一平のマネをして、家にあるネガを使って日光写真で焼いて遊んでいた。と、その中に見知らぬ女性の写真を見つけ疑問に思う…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊69巻

編集部PICKUPシーン