ホーム少年・青年
三丁目の夕日 夕焼けの詩
三丁目の夕日 夕焼けの詩 19

既刊68巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 19

550
4.5
4
大晦日。のぼると小百合の新婚夫婦は、正月はのんびりとふたりだけで過ごそうと語り合っていた。そこへ、突然のぼるの同僚・立木がやって来た。ちょっとタバコを買いに外にでかけたのぼるだが、思わぬ事が重なりなかなか戻れなくなる。次第に小百合と立木をふたりきりにしたことが気になり始め…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊68巻

    編集部PICKUPシーン