ホーム少年・青年
三丁目の夕日 夕焼けの詩
三丁目の夕日 夕焼けの詩 16

既刊68巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 16

550
4.5
4
三丁目にもじめじめした梅雨の季節がやってきた。だが、子供たちは遊びの天才。車の泥はねやぬかるみを避ける行為でさえも、忍法に見立てて大はしゃぎだ。一方、土砂降りの雨のなかでも働かなければならない大人たちは大変。「鈴木オート」の社長はカッパをかぶって出張修理にかけずりまわり、六さんはオート三輪を運転していてぬかるみにはまって困り果ててしまう…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    既刊68巻

    編集部PICKUPシーン