三丁目の夕日 夕焼けの詩 7

既刊69巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 7

4.5
4
630
独身の若手サラリーマン・五郎はある週末、バーのホステス・ヨー子と一夜を共にする。翌朝、五郎の部屋でくつろいでいた彼女は、自分が「いつでも空に虹を出す力」を持っていることを明かす。それは子供の頃にひとりの黒マントの怪人に授けられた能力だという。実は五郎も子供の頃にその怪人に出会っていたが、彼はそのことを忘れていた…。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊69巻

編集部PICKUPシーン