月明星稀 7

全10巻|完結

月明星稀 7

-
630
土方から刀傷を負いながらも池田屋から逃れた望月亀弥太は、同じく重傷の長州藩士・吉田稔磨を抱えて京都市中を彷徨っていた。そしてなんとか長州藩邸に到着するが、その門は固く閉ざされたままで、望月がいくら叫んでも開く気配はなかった。やがて吉田は絶命し、望月も坂本のもとを目指す途中で倒れてしまう…。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
全10巻|完結

編集部PICKUPシーン