月下の棋士 16

全32巻|完結

月下の棋士 16

550
0.0
C級1組の順位戦。佐伯宗光との対局で、誰の目にも将介の負けは明らかだった。しかし、将介だけはただひとり自分の勝利を確信し、笑顔さえ浮かべて指し続けている。やがて、便所で自ら鏡にぶつけた将介の額から真っ赤な血が流れだした。その血を見た佐伯は差し手を変更し、より完璧な勝利を目指すのだった。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全32巻|完結

    編集部PICKUPシーン