ほしのふるまち 5

全7巻|完結

ほしのふるまち 5

-
630
東京での伯父の葬儀から、氷見に戻ってきた恒太郎。星が好きで地学の教師になったという伯父との思い出が甦り、形見にもらった宇宙の本を読みながら涙を流す…。その翌日、学校で伯父の面影によく似た地学教師が同じ本を持っていたことから意気投合し、帰り道に星空を眺めていると、そこに堤防での一件以来、気まずくなったままの渚が通りかかり…。
カテゴリー
めくって試し読み
全7巻|完結

編集部PICKUPシーン