こまねずみ出世道 5

全9巻|完結

こまねずみ出世道 5

-
630
自らを仕事ができる男と思っていた島袋は、いつまでも常次朗から新米扱いされることに不満を募らせていた。そんなある日、偶然幼なじみの六郎と再会した島袋は、お互い現状への不満が蓄積していたことも手伝って、酔った勢いから起業を決意! さっそくアイデアを思案し始めるが…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
めくって試し読み
全9巻|完結

編集部PICKUPシーン