シリーズ詳細

長く抗争を続けてきた梅崎組と相賀組の手打ち直前。相賀組の男が刺された。梅崎組若頭・加賦は、犯人を匿っているであろう韮沢を拘束し、苦痛と快楽をその体に施すが一向に口を割る気配がない。「惚れてた男に犯されて嬉しいか。それとも俺に振られた腹いせか? 韮沢」決して痛みに媚びない韮沢の真意とは?

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2017年12月31日17時48分

    表題作と他2作入ってます。
    痛々しいのが苦手な人にはちょっとキツイかも…?
    この人のためなら自分は死んでもいいというくらい愛して、本当に身を呈して守る姿は覚悟を感じますが、私にはちょっとハードでした。

  • ゲスト

    2017年12月2日22時58分

    とても、エロでありながら愛情あふれてます。
    最初に違う本から読んでしまいましたが、すぐにこちらを購入しました。
    成立しない朝も切ないのだけどハッピーな朝に、キュンキュンしました。
    他の本も読んでみたいと思います。

  • ゲスト

    2017年9月6日14時12分

    X sideの方を先に買ってしまい、二人の話がちゃんと読みたくてこちらも購入しました。
    後悔はしてません(^o^)

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品