シリーズ詳細

10年前に別れた彼が巨万の富とともに故郷に帰ってきた! しかしそれは町にとって、けっして喜ばしいものではなかった。母親が病死した原因の工場を乗っ取り、閉鎖をもくろんでいるのだという噂があるからだ。町唯一の産業を閉鎖されては人々の暮らしも立ちいかなくなる。サラは彼を食事に誘い、なんとか思いとどまるよう説得する。必死なサラに彼はひとつの条件を提示した。「僕とつきあうんだ。昔のように」と。昔と違い、傲岸に言い放つ彼の意図はいったい…?
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品