シリーズ詳細

“色と思い出と。想像してみて。君色センチメンタル。”どこか懐かしい、ちょっぴりせつない。少女漫画家とロボットアシスタントの何でもない毎日。『花のズボラ飯』の水沢悦子の新境地。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • 【分冊版】花のズボラ飯 1
    【分冊版】花のズボラ飯 1
    無料で読む
  • 花のズボラ飯 1
    花のズボラ飯 1
  • エレガンスイブ 2016年8月号
    エレガンスイブ 2016年8月号
  • アイアムアヒーロー 公式アンソロジーコミック
    アイアムアヒーロー 公式アンソロジーコミック
  • 週刊ビッグコミックスピリッツ 2016年12号
    週刊ビッグコミックスピリッツ 2016年12号
  • もしもし、てるみです。 1
    もしもし、てるみです。 1