シリーズ詳細

砂浜に住むセアラのもとに、ある日一人の男が訪ねて来た。彼=ジョンは、この地に別荘を持つシンディーおばさんの甥で、彼女の遺言をセアラに伝えに来たという。それは“セアラがジョンの家に住めば、エングルウッド一族の工場の株は彼のものとなる。もし住まなければセアラのものになる”という不可解なものだった。
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品