執行猶予(2)

既刊2巻

執行猶予(2)

0.0
600
1943年初夏、ドイツ占領下のフランス南部の村カンベラック。 村の青年ジュリアン・サルラはドイツへの強制労働行きを逃れてこっそり戻ってくるが、乗っていた列車が彼の脱走直後に爆撃されてしまい、死んだことになってしまう。 以来彼は広場に隣接する空き家の屋根裏に身を潜め、鎧戸の隙間から村人の営みを覗き見るようになる。 民兵やドイツ軍によって穏やかな村にも緊張感が漂うが、彼の関心事は戦況よりもむしろ恋人セシルの動向だ。 秋にドイツから帰還した若い医師ポールと親しげなのも気に入らない。 大晦日、外出したジュリアンは雪のせいで隠れ家に戻れなくなり、セシルの家の納屋で凍えそうになりながら年を越す。
カテゴリー
    既刊2巻

    編集部PICKUPシーン