執行猶予(1)

既刊2巻

執行猶予(1)

0.0
600
1943年初夏、ドイツ占領下のフランス南部の村カンベラック。 村の青年ジュリアン・サルラはドイツへの強制労働行きを逃れてこっそり戻ってくるが、彼の乗っていた列車が彼の脱走直後に爆撃されてしまう。 彼の身分証明書が別の青年の遺体の上で発見されたため、ジュリアンは死亡したことになる。 以来彼は広場に隣接する空き家の屋根裏に身を潜め、鎧戸の隙間から村人の営みを覗き見るようになる。 親独派民兵のセルジュ、同じく親独派のエドゥアール・ブイスー、反独派のバジル、カフェの店主フェルナン、神父、そして恋人セシル…。
カテゴリー
    既刊2巻

    編集部PICKUPシーン