復讐心中(6)

既刊6巻

復讐心中(6)

-
150
「生きてる私が…代わりに復讐するよ!」――私が小学校3年生のとき、兄は自殺した。原因はいじめ。兄の日記には「死んで復讐したい、死んだらびびるかな」と遺言が残されていたが、学校側はいじめの事実を認めず、結果として加害者側を守ることになった。それを知ったいじめのグループは呑気に笑い、兄の死が報われることはなかった――私は代わりに復讐を誓い、兄が自殺した高校への入学を決意する。そこじゃないと意味がない…教師になってのうのうと人生を謳歌しているあいつがいない…。そして迎えた入学式、私のクラスの担任が発表された。その教師の名前は「笹尾優一」兄を自殺へと追い込んだ張本人だった――
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊6巻

    編集部PICKUPシーン