ホーム少女・女性
招かれざる客~黒の大正花暦~
招かれざる客~黒の大正花暦~(2)

既刊2巻

招かれざる客~黒の大正花暦~(2)

0.0
670
その朝、花守は窮地に立たされていた。名人・倉城一徹の組ノミを見せてもらうため訪れた指物師の家で、花守が泊めてもらった翌朝、件の組ノミがなくなったのだ。状況的に犯人は自分しかいない。そこへ話を聞きたいと現れたのは、冷たい美貌を持つ青年・白菊で……? 二人の出逢いを描く「水仙」と、「菫」完結を収録。大正ノワール探偵譚、コミカライズ第二弾!!
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊2巻

    編集部PICKUPシーン