エリート課長の肉食スイッチを押してしまいました

既刊5巻

エリート課長の肉食スイッチを押してしまいました

-
総務課勤務の七瀬美碧は、頼まれた仕事はどんな内容でも文句を言わず完璧にこなすことから、陰で「ロボット」と揶揄されていた。そんな彼女が職場で唯一心を開いたのが、観葉植物好きという同じ趣味を持つ、法務課のエリート桐生課長。桃城猫緒原作「エリート課長の肉食スイッチを押してしまいました」のコミカライズ!
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊5巻

    編集部PICKUPシーン