いつくしむ、さを鹿の声【単行本版】

既刊1巻

いつくしむ、さを鹿の声【単行本版】

5.0
2
高校生の頃剣道部に所属していた冬月は、部の集まりで8年ぶりに同級生の陽介と再会する。 陽介が主将を、冬月が副主将を務め、部を大きく成長させた二人。 しかしある事がきっかけで距離ができてしまい、卒業後会う事はなかった。 再び友人という関係を築き、今の陽介を知っていく冬月。 一方の陽介は、ある事に対する後ろめたさが残ったまま冬月と交流を続け── ※電子版はmimosa本誌掲載時のカラーページをカラーのまま収録しています。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン