ホームメンズ
美味しそうな娘~発情した人外男は孕ませたくて仕方ない
美味しそうな娘~発情した人外男は孕ませたくて仕方ない(1)

既刊3巻

美味しそうな娘~発情した人外男は孕ませたくて仕方ない(1)

出版社
5.0
1
1500
(1/23まで)
「俺はお前を食べたくて仕方がねぇんだよ」人間社会で暮らすため、狼男であることを隠して定食屋を営む銀二。人懐っこくて可愛い巨乳アルバイトの桃香に片思い中。そんなある日、発情期のせいで本来の獣の姿になったところを桃香に見られてしまう。理性で抑えようとするも、思わず密着した彼女から甘い香りが…。クラクラして胸にむしゃぶりつくと「そこ弄っちゃダメぇ」と喘ぐ可愛い声に獣の本能が目覚めて!?潤んだアソコに舌を挿し込むとビクビク腰をくねらせる桃香。もっと奥まで味わいたい…可愛い桃香をもっと食べたい…もう、止まれねぇ!そそり立つ規格外のモノを蕩けた入口にあてがい、奥まで一気に突き上げる――!「だめ…おっきくて、またイッちゃうッ」満月の夜、狼男は獣欲のままに腰を動かし、美味しそうなあの娘をイかせまくる…!
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊3巻

    編集部PICKUPシーン