透明な秘密1

既刊1巻

透明な秘密1

-
450
織部千尋。幼い頃からずっと二歳年上の生徒会長の健司くんの事が好き。でも、健司くんにとっての千尋は、8年前の”あの時”から”大切な妹”。どうしたら一人の女の子として見てくれるんだろう――。 ある日の犬の散歩中、クラスメイトの美術部の桐生貴裕が、ひと気の無い河原で川にペンダントを捨てていた。理由は知らない。今まで話した事も無かった二人だったが、この偶然の出会いが元で、千尋は桐生に度々恋愛相談をするようになる。
カテゴリー
めくって試し読み
既刊1巻

編集部PICKUPシーン