恋と好機は朝を待て 1

全6巻|完結

恋と好機は朝を待て 1

-
100
「幸せ?何言ってんだよ俺はお前のことが好きだったのに…」ゲイであることを隠して生きている茜は、好きだった人の結婚式を終えて、一人寂しくやけ酒を飲んでいた。人生で一度ぐらい男を知りたいと酔った勢いでデリヘルを呼び、ボーイの聖夜に抱いてくれと頼みこむ。一夜だけの思い出…のはずが、職場に聖夜がバイトとして来て「茜さんに一目ボレして入りました!」とみんなの前で宣言して――?
カテゴリー
    めくって試し読み
    全6巻|完結

    編集部PICKUPシーン