ホーム少女・女性
夜に溶けたい 母子の愛と彼女のカラダ
夜に溶けたい 母子の愛と彼女のカラダ

全1巻|完結

夜に溶けたい 母子の愛と彼女のカラダ

250
0.0
「私、あなたのファンよ。だからどこが痛いかもわかっているのよ」小説家の小沢の前に現れたのは、帰国子女で大学生の詩人・榎香名子。セレモニーで香名子と一緒になった小沢は、彼女をベッドへと誘う。今夜が初対面のはずの彼女は、なぜか小沢のことをよく知っていた。来月が小沢の誕生日であることも、母親が8歳の時に出て行ったことも。「ファンだから」と彼女はいうが、母親の名前も知られていて――?
カテゴリー
    めくって試し読み
    全1巻|完結

    編集部PICKUPシーン