黒崎秘書に褒められたい【マイクロ】 5

既刊16巻

黒崎秘書に褒められたい【マイクロ】 5

5.0
4
120
花形部署・秘書課への異動で、“会長の右腕”と呼ばれるイケメン秘書・黒崎さんの部下になった“万年雑用係”の樹里。徹夜の仕事明け…黒崎さんの車で二人きり…助手席で身体が密着して…何を話したら…!!一方黒崎は、鈍感な樹里にヤキモキさせられっぱなしで!?「ったく、人の気も知らないで――」眠りこける樹里の顔に思わず…!クールなイケメンメガネ上司×ぽんこつ新米秘書の、じわじわオフィスラブ▼
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊16巻

    編集部PICKUPシーン