今夜、私の家に泊まりませんか?

既刊1巻

今夜、私の家に泊まりませんか?

0.0
360
「先輩、裸のお付き合い…しませんか…?」心の準備ができていない詩織の足を少し強引に開くと、目の前にまだ生えそろっていない柔らかい陰毛に覆われたワレメが現れた。大輔はまだ幼さの残る中●生の秘裂に口をつける。汗とは違う分泌液の味を感じながら何かを探すように舌を動かすと、詩織の身体が小刻みに震え…。中学生の藤田詩織は放課後、校門で幼馴染の岡田大輔を待っていた。「今日…私の家に泊まってくれませんか?」予想外の頼みごとに戸惑う大輔だったが、両親が不在で一人が怖いという幼馴染を放っておくこともできず、仕方なく泊まることに。夕食の後、先に風呂に入ることになった大輔が湯船に浸かっていると、脱衣所から詩織の声が聞こえてきて…。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン