臆病ヒメと溺愛ナイト

既刊11巻

臆病ヒメと溺愛ナイト

3.0
1
「ねぇ、ご褒美もらっていい?」幼い頃、その女の子はとても明るく元気で、気の弱い男の子を守っていました。それから時が経ち、彼女は内気で臆病になってしまいました。そんな彼女の元にある日、明るく爽やかな男性が現れました。そう、それは幼い頃に彼女が守っていたあの男の子。幼い頃とは性格も立場も逆転していて、彼女は彼に守られる立場となりました。だけど困った事に、彼はちょっとえっちなナイトになっていて…。「ここ、弱いよね?ほら、湿ってる…」
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊11巻

    編集部PICKUPシーン