名器なカノジョの愛し方。 ~弁護士上司が私に本気になるそうです~

既刊16巻

名器なカノジョの愛し方。 ~弁護士上司が私に本気になるそうです~

4.7
40
「今からのことはどうか内密に…守秘義務、忘れないでくださいね…?」――大学の初カレ(早漏?)に《名器の女》という噂を立てられ、いたたまれず地元を飛び出した桐島みゆき。法律事務所に勤めて3年、告白してくる男性に《婚前交渉NG》と伝えるたびフラれ続けてきた。ある時、傷心のみゆきを見かねた長谷川所長が相談に乗ってくれることに。(所長は誰より信頼できる男性…でも…)セックスへの興味と恐れで躊躇いつつも、カラダは彼の熱に疼きだして…――いっぽう、みゆきに優しく触れ始めた所長は、彼女のアソコが普通と違うことに気がつき…!?(不慣れにしては凄い愛液の量だな…それに、指だけでこの締まり方…?まさか…)
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    • 続きは本編でお楽しみください

    既刊16巻

    編集部PICKUPシーン