おじさま紳士は溺愛したい ~わたしを奏でる極上テク~(5)

全6巻|完結

おじさま紳士は溺愛したい ~わたしを奏でる極上テク~(5)

作者
出版社
5.0
1
150
「好きです」 そう言って何度も抱きしめて、可愛いって言ってくれて…熱く貫かれて蕩けるように濡れてしまうのは、大好きな古瀬さんだから。そんな古瀬さんは立ち退きを迫る四郷地所と同じ企業グループの、岩先商事の代表取締役だった…! 愛音に近づいたのは、ピアノ教室の買収のため!? …でも、愛音の瞼に浮かぶのは、真摯な古瀬さんの愛の眼差しで…。 おじさま紳士と恋愛不慣れ女子の、“このままひとつに溶け合いたい”愛とエッチで満たされるドラマチック・ラブ!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全6巻|完結

    編集部PICKUPシーン