幼なじみJKと一線越えちゃう夏の夜

既刊1巻

幼なじみJKと一線越えちゃう夏の夜

-
360
いいんですか?襲わなくて?僕は三浦隆司、知り合いの叔母さんの娘で高校生の青波なつめの家庭教師をしている。なつめのことは5歳の頃から知っていて昔はよく一緒に遊んだりもしていた。なつめが高校生になってからは勉強を教えるようになり、家庭教師と教え子としての関係も良好だ。そんなある時、なつめから苦手な数学の点数が平均点以上取れたら夏祭りに連れて行ってとお願いされる。夏祭りの会場に現れた浴衣姿のなつめは妙に色っぽく、成長した女の身体にどうしても下半身が反応してしまう…。いや…ダメだ……教え子に手を出すわけには…。必死に耐える僕に対し、なつめは意外な行動にでたのだった。
カテゴリー
    めくって試し読み
    • 続きは本編でお楽しみください

    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン